My Son’s Step 3

(2才11ヶ月~3才10ヶ月)

心身共に発達がめざましい時期です。英語のビデオに加え、パソコンでも遊べるようになりました。記憶力も高くなり、思い出して話したり、手先も器用になり、ハサミを使ったり、着替えもできるようになりました。自我も強くなり、自分で考えて判断することもあるのには驚かされます。公園友だちも増え、英語で話すと通じないことから、一瞬でしたが反発もありましたが、楽しさの方が大きかったようで、すぐに消えました。
RosemaryとAnnaが夏に来日し、教室を手伝ってくれたので、英語環境は自然でとても充実しています。
1月
コンピューターのマウスが、上手に使えるようになった。AlladinのCD-ROMのマッチングゲームが一人でできた。初級の8枚は簡単ですぐに終わり「もっとむずかしいの」と言うので、中級に挑戦。さすがにいらいらするときもあったようだができた。
4月
ペットショップの前でかわいいリスと小鳥に、いつ気が付くかなと思っていると、「かわいそう、とうとうつかまえられた!」と言う。ピノキオのお話が浮かんでいたようだ。絵本の中の動物たちが、おりの中にいるのを見て、「ピノキオとおなじ」と言っている。
5月
「くるまで、おうちたべたの」と言う。おうちって何だろう?車に乗せてくれたパソコンの先生にに聞くと、食べた物は「ウエハース」。翻訳して、「ハース」=「ハウス」…なるほど。
6月
朝、何度も「起きて!」と言うので、「お母さんは、Snow Whiteだから王子様が来ないと起きないの」と目をつぶっていた。すると、ティシュを取って私の顔にかけ、ぱらりととってからほっぺにキスしてくれた。おかしくて、起きてしまった。
○ボタンをはずせるようになった。コツを教えておくと急にできるようになるので、びっくりさせられる。
8月(3才半)
富士五湖までサンメイトのキャンプに出かけた。朝10時出発し、5時に戻るハードな山登りも3時まで歩いて大健闘。氷穴にももぐり、大冒険。3年生のお姉ちゃんに手をつないでもらったおかげだが、本当によく歩いた。Rosemaryの友人Annaが、夏中、教室を手伝ってくれた。Day Campに、友だち(3才半の男子)参加。Annaがいたせいか、このごろ「えいごで、なんていうの?」とよく聞く。おもしろいのは、「ヘアは?」と聞くので”hair”と答えるとしつこく「ヘアは?」と言う。どうやら「髪の毛」という日本語を忘れているらしいことに気が付いた。It’s cold. It’s hot.とか日本語の会話に混じって出てくる。
○「ロージーさん」ことRosemaryを空港までお出迎えに行き、最初からだっこしてキスしてご機嫌でした。教室の行事”Good-bye Summer Party”でPin the tail on the donkeyのしっぽつけをする。ロージーに「○○は、えいごでなんていうの?」と聞く。が、日本語と発音が似ていると「やだやだー」とごねる。そうかと思うと、翌日には、熱心にロージーとお勉強。ちゃんと教えてくれる言葉をまねている。
9月
ロージーを駅まで見送った。「ロージーさん、いなくなったら、さみしくなる」と、彼女は大学近くのアパートに移るだけなのに大泣き。
○初めてthの発音練習をする。生徒にもthをfの発音でする子が多い。I’m thirstyを練習した。舌をかんで空気を出すのがむずかしいらしい。舌を長く出して、口の形をおおげさにしたら、できるようになってきた。fやhなど呼吸の音は上手に出せるのは、やはり小さいときから、その音を聞き、話していたおかげではないかと思う。いっしょにやると「おかあさんはやらないで」と言う。すぐにfの音になってしまうが、あまりしつこく直さない。○この頃、書きたそうな気配だったが、書きたいという字を教えたら、夢中で練習していた。見て書くのは、むずかしいのによくやっている。
10月
文字への興味が強い。書きたがっている。昨日、「か」と「や」を練習したら、翌日、一人で書いていた。
○休日にロージーたちと日光へ出かけた。東照宮の階段が長かったのが、インパクトが強かったらしく、「山にのぼったね」と言った。
○空き箱で車を作るのが気に入っている。
11月
引き続き文字への関心が高く、一日中、文字を追いかけている感じ。そしてよく書けるようになる。「おかあさん、『み』ってどうかくの?」と思いついたように聞く。それで、紙に練習した。「最初は、『た』ににているね。くるっと回って…」と教えてみた。ちょっと曲がるけれど、「み」がかけた。しばらくすると「『り』がかけちゃった」という。「4」も書いてあった。
○靴下がひとりではけるようになった。一度くるりとはくと教えたら、すぐにできるようになった。この間は、できないとぐずっていたのに、うそのよう。
○寝る前のひとときは、とっても楽しい時間。紙芝居と、絵本を読んで、真っ暗な中でもう一つお話をするのが、パターン。暗くなった後、宇宙船になったり、船になったりするのも楽しい。想像力がわいてくるし、暗いのも楽しくなるようだ。
○文字・数字をたくさん読めるようになり、「ひとまねこざるときいろいぼうし」を読んでいた。「じゅういちはどうかくの?」どうして急に11かな?突然聞いたりする。そして「じゅうさんは?」「にじゅうさんは、23と書く」と教えると「33」がわかる。寝るとき布団の中で、「『じゃ』ってどうかくの?」というほど。「だって、書きたいんだもの」と言う。電話番号を紙に書いていたりする。
○何人か半年下の友だちも読める。子供の文字への欲求は抑える方がおかしいのではないだろうか。こんなにも、子供たち文字を自分のものにしたがっているのだから。
12月
教室のクリスマス発表会を無事終えた一方、カーペットに大きく「お」と×を書いたり、また壁に「み」と書いたりして、怒られる。「書いたらよろこぶ」と思ったのだそうだ。「字が書けるよりも、良いことと、悪いことがきちんと分かるようになった方がうれしい」と教えた。

My Son’s Step 2

(1才11ヶ月~2才10ヶ月)

 英語の環境が発展しました。2才児クラスを始め、親子だけのコミュニケーションから友だちとの関係へ広がりました。ディズニーの白雪姫の小人Dopey(おとぼけ)がお気に入り。歌のビデオから物語のビデオへ成長し、ピーターパンやメリーポピンズもよく見ています。
 イギリス人Rosemaryが約1ヶ月滞在し、家族がひとり増えました。日本語と英語の語彙量がほぼ同じ時期です。
1月
カーテンの陰に隠れて、”See me hide”。突然のカウンティング”One, two, three, four, five.(si)x, seven, eight, nine, ten”
ブルーナのドミノカードで遊んだ。一度やり方を見せると、一人で同じ絵をきちんと合わせることができた。同じ絵を見つけては合わせ、グループ分けができた。
2月
2才。同じ月齢のお友達と自宅で英語クラス開始。
○マザーグースのビデオを見ながら、おどる。バースデーケーキの1本目のろうそくをハッピーバースデーの歌の後に上手に消した。One more!というと、ひとりで「……バーデトゥユー、フー」と言って消した。セサミの本を見て、繰り返していた成果でした。会話の中にappleと聞くと、急にアルファベットの絵本を持ってきて、順番にapple, ball, cat, dog, elephantと言った。毎晩、A, a, appleと繰り返したけれど、今までは全然言おうとしなかった。単語としてはelephant, umbrellaがまず言え、次にgiraffe,kangarooでした。
3月
紙とハサミ、ノリを渡すともくもくと工作に取り組んでいる。
4月
「白雪姫」の映画(字幕版)を見に出かけた。
○英語のクラスで友だちと初めて手をつないで、Here we go round the murberry bushの歌をおどった。ひとりでいる時に「ヘッペンターイン」とはねている。メリーポピンズの中のStep in Timeの事。掃除機をかけていると、What are you doing? 自転車に乗りながら、Which way, which way, should we go? I don’t know.(ディズニー英語システムの歌)を歌っている。
5月
eleven, twelve, thirtee, forteenまで数えた。後は順不同になって、sixteen, seventeen, nineteen。やはりFIFTEENは難しい様子。
6月
メリーポピンズの最後の歌、Let’s go fly a kite, Up to the highest high, Oh! oh! oh! Fly a kite と歌っている。メロディを口ずさむと「アリスのうた?」などとあてる。
7月
イギリスからローズマリーが到着。彼女は母の友人のお嬢さんでShefield University日本語学科の生徒。昨夏、日本研修をしているため会話は上手で熱心。夏中滞在し、私の教室でレッスンをしてくれる。我が家は英語と日本語半々の生活になった。早速「ロージーさん」と呼んで甘えている。「さっちゃん」の歌の替え歌「ロージーさんはね」というのも作った。2番の歌詞が気に入っていて、「バナナがはんぶんしか、たべられない、かわいそーね○○さん」というのだが、翌週になると「バナナがだいすき、……きらいかぁ、かわいそーね」に変わった。
8月(2才半)
Happy Birthdayの歌をロージーの特訓で、“Dear おかーさーん“と歌えるようになった。
9月
夜寝る前のお絵かきタイム。顔は、ちゃんと耳、目、口、鼻の正しい場所を心得ている。セサミの色あわせのカード。一度教えると、一人で上手に頭、胴、足を組み合わせられた。
10月
おじいちゃん、おばあちゃんと動物園へ。ワニを見た時「キャプテン・フックはどこ?」と聞くので、笑いをこらえつつ「キャプテン・フックは、ワニにたべられちゃったから、もういないんでしょ」というと納得顔。
○Daddy Fingerの歌を振付をつけて歌っている。言葉の方は、たくさんのお話ができるようになる一方、「にとつ」(ふたつと2から考えたものらしい)と「つくした」(くつした)のような言葉も出る。
11月
ディズニーランドへ。いつもビデオで楽しんでいる世界の体験学習。Sing-Alongがお気に入りなので、One Man’s Dreamのショーが大好き。手拍子をとってご機嫌。アラジンのショーも夢中。
12月
クリスマスパーティーを家族、友人とした時のこと。自宅の電話番号をだれかが途中まで言うと、後半を続けて言って皆を驚かせた。「もうすぐ3才」と指を折るのが自慢。

My Son’s Step 1 (0~1才10カ月)

過去のホームページから順次転記を開始します。
My Son’s Stepは、現在アメリカ在住の息子の英語の発達を記録したものです。
早期英語教育をされている方が、参考にしていただければと思います。

1992年2月
息子誕生
11月(9ヶ月)
マ行の音が聞こえる。
1993年
1月(11ヶ月)
「ラ行」の音が聞こえた。タ→ダ→ラの順に口の筋肉が発達しているのだろうか。
3月(1才1ヶ月)
How old are you? と聞くと、指を1本立てる。
4月(1才2ヶ月)
school zoneのJog, Frog, jogの絵本が気に入って、読んであげると、両腕を前で交差するjogのポーズ、犬の吠える声「グルルルー」を出す。
5月(1才3か月)
ソニーのトーキングカードを一人でプレーヤーにかけた。「アトゥー」は、外のことらしい。Shall we go out?とお出かけの時言っている。outと「外」の混じったもののような気がしてきた。
6月(1才4か月)
お気に入りの本は、「はじめてのえいごmy first word book」という写真と絵で表したB4サイズの大判絵辞書。「やっほー」のポーズをshoutingのところで。「ぐがー」とsleeping。giving & takingのところは、物をもらおうと手を出す。cryingの「えんえん」は得意とするところ。See me hide.と言うと、物陰に隠れてのぞいたりする。
7月(1才5ヶ月)
ディズニーランドへ行ったおかげで、Sing-Alongのビデオを何度も見たり、白雪姫の七人のこびとのの歌を私に繰り返し歌わせるようになる。
8月(1才半)
mouthを「マウ」。折り紙の残りで、ぺったん、ぺったん貼り絵をした。「ピー」が、pasteのことらしい。
9月
○毎日1枚貼り絵を作っている。お風呂から出る時、いつもOne, two, three. Three, two, one.と3回繰り返し、最後にZero!と大声で飛びしてくる。一人でやろうとし、とうとう「リー、トゥー、ワン!」と言えた。Thomasのミニ絵本でBabies; wah, wah, Momies; Hush, hushを何度も繰り返す。抱っこが好きなので、Babiesで、ワーと鳴き真似をし、「マミー」と言って抱きついてくるようになった。
○クマのプーさんのパズルもらう。白雪姫と車と3種類のパズルがばらばらと散らかっているのに、プーだけみつけてくるので感心。Under the Seaのビデオを見て、Fishy!とはっきり言う。お店で水槽の熱帯魚を見て、Fishy!
○Thank you.がタンキュ。キャッシャーのおもちゃには3色のチップを入れる3つの入り口があり、きちんと赤青黄を色分けして入れている。blue, pinkは何となく認識しているようで自分のバスタオルをさしてpink、パジャマを指してblue。
10月
○プーのビデオがお気に入りで、Thank you. See you.など言葉の数が急速に増えている。おんぶしてほしい時、「んぶー」といい、抱っこの時は、「だっとー」そして「ハッシュ」(Hushトーマスの本で覚えた)。「はじめてのえいご」の本を開いて絵をさしてはひとつひとつ名前を言う。「りんご食べる?」と聞くと”Apple!”といって、壁に貼った「りんご」の文字を指す。ブロックを持って、「ブゥー」見ると、青いブロック。Purple「パープー」、Green「グイーン」何でも繰り返すので、すぐ覚える。Bigと言って大きく丸を描く。○東京セサミプレイスへ行った。前日偶然、セサミストリートをテレビで見たのでよけい盛り上がっていた。Big Birdたちのショーを見たときは、ついてすぐだったので呆然としていたが、最後には手拍子をしていた。Ernie, Birt, Cookie Monsterのぬいぐるみに握手してもらった。帰ってきてから、「アーニー」「ビッゴ」「バーツ」と言って、ビデオの病にまたとりつかれてしまった。
11月
○セサミのテキストが本棚に並ぶようになって、友だちとBig Bird’s Yellow Bookで、10人のキャラクターをチャンツで練習したら、夜、本を持ち出して、見ていた。テープをかけると、本にへばりつくほどに真剣に見ている。Ernie, Big Bird, Bertと指していく。最初は一緒にリズムに乗るようにしてあげ、3回目からは一人でやった。7回目には知らなかったキャラクターのHerry Monster, Grover, Perlie Dawn, Betty Lue, The Countも全部指せた。時々、Herry MonsterとPerlie Dawnがアクセントが似ているので間違う程度。家に来る人には、「おいでぇ」と強制的に引っ張ったりして見せていた。
ますます言葉が盛んになり、「・・さん」とAPPLEやBIGにまでつけている。言葉を遊んでいる。「びちょびちょ」という言葉にげらげらと笑っていた。笑うと言えば、クマのプーさんのビデオで、松ぼっくりが転がるところにも喜んでいる。自己主張も出始める。いつのまにか、redとblue覚え、色を見つけては指して言う。「らび(rabbit)いたよー、おいでー」に始まった3語文は、少しづつふえている。送迎の車の中で、子供たちの「もってるー。もってないー」をぶつぶつ繰り返したりもしていた。英語で言うならI want to –.(見たい、のみたい、降りたい)の文は次々にマスターするようです。何でもかんでも、「さん」をつけ、blueさん、redさん、appleさん、みかんさんとお話している。